世界のメッセンジャーとの共同生活

2017.06.30 - TOPICS
Kosuke Aoki
© Kosuke Aoki

メッセンジャーを生業としながらもフォトグラファーとして活躍するKosuke Aoki。彼が撮らえたリアルでディープな自転車の世界とは? Red Bull.comにて連載され、現在話題となっている本コラムも今回で早くも第4回目! 先日すでに公開されている「世界のメッセンジャーとの共同生活」をちょっとだけご紹介!


+++++++


“SLOW SQUAD CHAPEL”

Kosuke Aoki
© Kosuke Aoki

メッセンジャーの世界大会CMWCには、毎年世界各都市から数百人規模のメッセンジャーたちが集まる。ホストとなる都市は、その都市で活動するメッセンジャーの自宅でのホームステイや、安宿、キャンプサイトなどを手配してくれ、なるべく低予算で滞在できるように協力してくれる。

メッセンジャーのたちの間でも「私のソファはあなたのソファ」という言葉をよく使う。人種、国籍関係なくお互いに助け合うという精神が、文化として浸透しているのだ。街の配達屋さんとして決して高くない給与でも、そのお陰でメッセンジャーは容易に世界中を旅する事ができる。


Kosuke Aoki
© Kosuke Aoki
パリを一望しながらの共同生活

Kosuke Aoki
© Kosuke Aoki
部屋の中がキャンプ状態のチャペル


リアルなメッセンジャーだからこそできる、他の誰にも書けないリアルな旅行記。
続きはぜひRED BULLのウェブサイトにてチェックしてほしい。
www.redbull.com
“世界のメッセンジャーとの共同生活”


Kosuke Aoki
ニューヨークでミクストメディアアート、ノイズバンドの活動を経て、帰国後2007年より東京にてメッセンジャーとなる。同時の東京のメッセンジャーシーンをはじめ、様々なアンダーグラウンドカルチャーの撮影を開始し、フォトグラファーとしてのキャリアをスタート。現在は活動の幅を広げ、世界各地のメッセンジャーやそれにリンクするカルチャーの取材を精力的に続けている。

instagram toydog88
site dopedyouth.blogspot.com

bebike

RELATED POSTS

tempra

MAGAZINE

Vol.25 "Hello Bicycle Boys"

LOOP MAGAZINE
VOL.25

WORLD'S LEADING
STREET BICYCLE
MAGAZINE!!

BACK NUMBER
VOL25 PRESENTS
store